小さく、軽く、少なく。

乳がん(初発、局所再発)を中心に、神経鞘腫、なるべく持たない暮らしのことなど。

生保の担当変更の話

f:id:migaru-rin:20200918111715j:image

 

こんにちはー。

今日は夏休みをとり、朝も早起きはせずのんびり過ごしています。

 

先日、二度の手術でお世話になった某生命保険の新しい担当の方から手紙が届きました。さらに、コロナ禍でスムーズな対応が難しい為、ネットの登録をさせてほしいと電話もかかってきました。

 

前担当の方は、わたしが新卒時に勤めていた会社で2年目?くらいに保険に入って以来、かれこれ25年くらいお世話になりました。

一度目の転職で彼女の担当エリアを一旦外れましたが、二度目の転職で再び担当エリアになり、そこからまたお付き合いが再開。

LINEで繋がっていたのでやり取りもとてもスムーズでした。

 

■今の生保に入ったいきさつ

わたしが20代の頃は、生保のおばちゃんが会社の執務エリアをウロウロしていて、新卒と見るや否や猛烈なアタックをかけてくるような時代でした。

今じゃ考えられないようなセキュリティの緩さです(笑)。

大手数社が出入りしていましたが、その中でもしつこい営業の某生命保険は絶対入らないようにしようと決め、一番人柄のよさそうな人の生保を選んで入りました。

これ、結果正解でした。長い付き合いになるのであれば性格のいい人の方がいいし、その人は定年まで勤め上げたので信頼関係も出来てすごく良かったです。

ちなみにしつこかった生保は、銀行や不動産でもゴリゴリの営業ノルマがあると言われている財閥系のところです。ザ・保険のおばちゃんみたいな人でした。

 

■加入してからの見直し

入社1年目は卒業旅行のローン返済があってカツカツだったので、2年目に入りました。

当時流行っていた?3年ごとに何十万円かが戻ってくるような積立型のもので、今思うと死ぬほど利率が高かったような。保険料は月3万円くらいだったような気がします。

しかし、26歳でひとり暮らしを始め、とてもそんな額を払えなくなってしまったので、貯蓄部分を外して保険料を下げました。

この頃は、がん特約はつけていませんでした。

 

その頃、損保に行った大学時代の友人からがん保険に入ってくれと頼まれ、月1500円程度だったので入りました。

10年満期が来て、保険料が3倍くらいになるので終了し、その代わり元の医療保険にがん特約を付けることにしました。

がん家系ではなかったので、自分がまさかがんになるとは夢にも思っていませんでした。本当につけていてよかったです。

入院手術で支払われるタイプの保険なのでがん特約を付けていなくても大丈夫でしたが、一時金はデカい(笑)。

ただ、非浸潤がんでは出ないタイプだったので、0期だったら一時金無しでした。

 

■担当変更の挨拶と手続き

在宅勤務の日だったので、近所のファミレスまで来てもらうことにしました。

待ち合わせ場所に行くとおばさま2名が。

新担当と上司でした。

新担当の所属に「トレーニングセンター」と書いてあったので新人つけられたな、大丈夫かなぁと一抹の不安がよぎりましたが、上司も同席したので安心しました。

新担当から今加入している保険の説明が改めてありましたが、たどたどしくて、金額の桁を読み間違えたりとか。ちょっと不安です(^^;

 

何でネット登録させるためにわざわざ来てくれたのか。それは、コロナ禍で保険のおばちゃんたちも在宅勤務になり、連絡がつかないケースが多発。で、コールセンターに電話が殺到してパンクしたそうです。コールセンター経由だと時間がかかるらしく保険金の支払いが遅れるケースも多かったそうで、そういったことを防ぐために、加入者が自分である程度の手続きができるようネットのマイページ登録を進めているとのこと。

 

わたしはコロナ禍の4月にほぼスムーズに保険金を払ってもらいましたが、それは前担当とLINEで繋がっていたからなんです。

新担当と上司ともLINEでお友達登録をしたのですが、二人とも会社のアカウントで、そのLINEでは発言内容が厳しく制限されているんだとか。金額とか発言しちゃいけないらしいです。何のためのLINEなんだかわからない、とぼやいていました。

ただ、コメント監視は男性客からの被害に遭わないようにという配慮もあるようです。

「前の担当の〇〇さんとはLINEで普通にやり取りしてましたよ?」と言うと

「それは彼女の個人アカウントだと思います」と。

そうなんだ~ありがたかったな~。

 

■前担当の話

前担当のおばさまは定年で引退なのですが、なんかすごく出世していたみたいで、新担当も上司も「われわれは足元にも及ばない雲の上の人」と言っててビックリ!

その人はゴリゴリ営業ではなく、「今度こういうのが出たからどうかしらと思ってね。一応持ってきたのよ~」みたいな感じで、断っても全然気にしないような雰囲気でした。なので逆に信用できました。

それでまんまと乗せられて、医療保険以外にも年金型に2つ入っているのですが、新担当と上司曰く、今じゃ考えられないような高金利とのこと。

自分で稼げる人は株の方が儲かると思いますが、ちょうどその頃株で大損して(笑)懲りていたのと、かといって銀行の低金利も嫌だなと思って入ったのでした。

いや~ありがとう!

でも、わたしの年金保険加入も彼女の出世に少しは貢献できたんじゃないかな(笑)。

 

そんなこんなでネット登録も済ませ、おばさま2名とLINEも交換して話は終わりました。

お決まりのお土産(洗剤とか笑)もいただいて終了。

 

今度の担当の人は若干心もとないですが、上司もいるし、ネットで手続きもできるし、良しとしよう。

 

来年更新があり、そのままだと保険料がドンと上がってしまうので、見直したいとも話しました。

もういい年だし解約するという考え方もあると思うのですが、がんになったことであと5年間は毎年10万円が貰えるのでそのままでいいかなと。

実際は払込保険料と支払われる保険金で相殺されちゃうんですけどね。。

 

ということで、生保の話でした。