小さく、軽く、少なく。

乳がん(初発、局所再発)を中心に、神経鞘腫、なるべく持たない暮らしのことなど。

放射線科診察とバナナケーキとコーヒーゼリー

こんにちは!

 

今日は放射線科の診察でした。

朝から日差しが強く、病院に着いた頃には汗だくでした。

放射線治療が終わって1週間が経ちましたが、通っていた頃がもう遠い昔のような気分です。

 

f:id:migaru-rin:20210712161353j:plain

通院時に天気がいいのは久しぶり。

 

前回のベテラン先生の診察から2週間強、デルモベート”スカルプ※”ローション(最強ステロイド剤)とヒルドイドローション(保湿剤)を朝昼晩とひたすら塗りたくってきました。

※デルモベートのローションタイプは頭皮に塗るスカルプローション、というものになるようです

 

そのおかげで?、胸の周りは一部皮がむけ赤みが落ち着いてきて、一時の真っ赤!という状態よりは治まってきている感じになっているのですが。

脇だけは強烈に突っ張って腕がまっすぐ真上に上げられないほどです。乳がんの術後に腕が上げられないのとまったく同じ症状。

皮膚は象のようにごわごわ。まだらに皮が剝けています。

 

何より辛いのは、デルモベートローションを塗ると滲みて激痛なこと!!

塗ったらすぐに手で患部を強く押さえ、10秒ほどじっとこらえます。悶絶レベルの痛さ。でも塗らないことには治らないので、この苦行に耐え続けています。

 

今日の診察はベテラン先生。

看護師さん同席の元、お二人に皮膚の状態を見てもらいました。

こんな私の皮膚でも、きれいな部類らしいです(^^;

患部がもっとただれて化膿してしまう人もいるようです。それは辛いだろうなぁ。。

 

先生「頑張って塗っている成果がでていますよ。きれいに治り始めていますね(ホントかよ笑←心の声)」

私「スカルプローションって書いてあるから、薬局で『頭皮に塗るんですか?』って聞かれちゃいましたよ笑。私も薬が間違っているんじゃないかと心配になって、看護師さんに確認しちゃいました」

先生「ローションタイプは『スカルプ用』しかないんですよ。滲みるのはローションだからですね。クリームの方に変えましょう。それだと滲みないと思いますから。あと、ヒルドイドもクリームに変えます。べとつくのが嫌かもしれませんが、ガンガン保湿してください。今月いっぱいは頑張ってこの方法を続けましょう」

 

ということで、今月末に次の診察の予約を入れて今日は終わりとなりました。

放射線治療の時は午後に病院に行ってましたが、今日は久しぶりの午前中。病院の込み具合がすごかったです。

帰りに何か美味しいモノを食べて帰ろうと思っていたのですが、診察があっさり早く終わってしまいランチまでは時間があったので、まっすぐ帰ってきました。

 

今日は有休でのんびり。午後はバナナケーキを焼き、コーヒーゼリーを作りました。

 

f:id:migaru-rin:20210712161439j:plain

バナナケーキはすでに味見済みです(^^;

 

なぜお菓子が作りたくなるのか。

それは、やりたくないことから逃げているからです(^^;

 

この夏、半分業務命令、半分自分の意思で論文を書くことになりました。その下調べをボチボチ始めないといけないのですが、それが嫌で違うことに逃げています。

論文を書くためにブログの投稿が減るのか、もしくは逃げるためにもっと投稿が増えるのか(笑)。

早く書いてしまってゆっくり遊びたい!!