小さく、軽く、少なく。

乳がん(初発、局所再発)を中心に、神経鞘腫、なるべく持たない暮らしのことなど。

久しぶりの病院と主治医&婦人科結果

こんばんは。

 

乳がんの手術をした病院に久しぶりに行ってまいりました。

前回は5月だったので、かれこれ半年以上経っています。

 

本来は、術後1年、2年という節目のタイミングだけ検査と診察で行くことになっていましたが、最近再発が分かったためこちらの病院に舞い戻る形になりました。トホホ。

 

ラッシュアワーが死ぬほど苦手なため、予約時間より1時間近く早く着くように家を出発。

途中混んでいる駅を乗り換えで通過しましたが、リモートワークが浸透しているようで激混みではありませんでした。良かった。

 

久しぶりの病院。懐かしいなぁ(笑)。

検温して、除菌ジェルを手に塗って再診受付。

乳腺外科に行って保険証を見せ、紹介状(と細胞診のプレパラート)を渡して、さぁ、ここから何時間待つのやら(^^;

院内のタリーズでコーヒーを買って、本とマンガを出して、待ち始めました。

 

先日、再発したことをがん友に伝えたのですが、がん友の1人がタリーズのデジタルギフトを送ってくれました。最近始まったサービスの模様。

そんな風に気遣ってくれるがん友に涙。早速使わせてもらいました。ありがとう!

 

タリーズで1時間半経ち、トイレに行って戻る途中に「中待合室にお入りください」と通知が。思いの外早い!てっきり最低午前中いっぱいは待たされると思ったので慌てて乳腺外科に向かいました。

そこから10分くらいして呼ばれ、主治医に久々に会いました。懐かしい~~そして相変わらずビューティ。

「ご無沙汰ですー」と挨拶し、早速しこりの触診。

「取り切れていたんですけどね。。しこりの感じだと、局所麻酔で日帰り手術で行けそう」

げっ。やっぱり局所麻酔か。

「年内はもう無理だけど、1月には手術出来ると思います。今日はとりあえず採血とエコーをやってきてください。その後結果を見ながら手術のことを話しましょう」

 

「なんで取り切れていたのに再発しちゃったんでしょうか」

「生検の時に針先に残っていたがん細胞が(正常な細胞に)ついてしまった、という可能性は無くはないけど。。」

「これってレアケースですか?」

「そうです」

主治医は不思議がっていました。

 

神経鞘腫も10万人に1人と言われていてそこにヒットしてしまった訳ですが、乳がんでもヒットですか。。

こんなレアケースに当たらなくていいから、宝くじに当たりたい(笑)

 

「術後に放射線は追加になりますか?」

「その可能性はあります」

「抗がん剤は?」

「そこまでではないと思います」

ちょっとホッとしました。

 

 

ということで、採血に行って戻ってきたら「乳腺外科受付に声をかけてください」と通知。

受付に行くと「先生が、レントゲンと心電図もやってきてくださいとのことです」とのこと。

フロアのあちこちを歩き回って一通りの検査が終わったのが、受付してから約4時間後。

そこから再度主治医に呼ばれるのに1時間かかりました(^^;

 

「血液検査、心電図、レントゲンは問題なかったんですけどね、リンパ節がちょっと腫れてるんです。このくらいは正常の範囲内ではあるのですが、手術した側なので心配だし一応ちゃんと見たいので、もう少し検査をさせてください」

と言われました。

 

えぇぇ~また検査ぁ~(泣)

しかもリンパ節が腫れてるとかって😱

 

急遽、別日にリンパ節エコー(さっきエコーやったばっかりなのに)、PET-CT、リンパ節細胞診が追加となってしまいました(>_<)

提案された日時が一部会議にぶつかっていましたが、そんなの全部吹っ飛ばして検査最優先で予約を取りました。

ということで、年内にあと2回病院に行ってきます。

リンパ節エコーとPET-CTの結果は、その日の診察でざっくりと結果を教えてくれることになりました。

リンパ節の細胞診は年内ぎりぎりの日程なので、年明けの診察で結果を聞き、そこでその後どうするかが決まりそうです。

 

今日、1月の手術の予約が出来ると思ったのに、もうちょい時間がかかりそうです。

 

リンパ節に転移が無ければ、局所麻酔、日帰り手術。

リンパ節に転移があれば、全身麻酔、入院手術。

PET-CTが光ってしまったら。。また違う話になるのではないかと。

抗がん剤は無いと言っていたけど、リンパ節転移があったら覚悟しておこう。

 

予約がいっぱいなのに診察予約を入れてくれた主治医にお礼が言いたくて、

「年内は予約が取れないかと思っていました。ありがとうございます」と伝えました。

「金曜に連絡くれたでしょ?あの日は手術日で、びっくりして。改めて画像を見直したんだけど、ちゃんと取り切れていて、チームでも『なんでだろう』って話をしていたのよ。こちらこそこんなことになってしまって」

と半分謝ってくれているような感じで言われました。

 

最初の頃は主治医が怖いと思っていたけど、この人で良かった、と思いました。。

 

全部終わったのは、病院に来て5時間後でした。疲れた。

元々この日は、婦人科クリニックでの血液検査(腫瘍マーカーCA-125)の結果を聞きに行くつもりでいたので、途中の駅でサンドイッチを軽く食べてからクリニックに向かいました。

 

こちらは数値が、数年ぶりに基準値内に入りました!!

先生曰く、タモキシフェンを飲んで生理が止まっているからではないかと。

 

こちらのクリニックの先生にも、がんの再発のことを伝えておきました。

「あらまぁ、そうなの。。でもなっちゃったものは仕方ないから頑張って治しましょ。こっちの方はまた半年後に来てね。腫瘍マーカー、エコー、子宮体がん検査をしましょう」

「ですよね~。一瞬泣きましたけどもう元気です。頑張って治します!」

とサバサバとした会話をして終わりました。

 

 

f:id:migaru-rin:20201215190439j:image

病院内に飾ってあったクリスマスツリーをパチリ。

みんなが楽しいクリスマスを過ごせますように。